クレアボーテ ラブダーリンアイライナーブラウン

おはようございます、アラサー女ことへたれ初心者です。
さて、今回の買ったもの備忘録はクレアボーテのラブダーリンアイライナーブラウン。

ラブダーリンアイライナーブラウンの画像

以前「ビオレボディクリームノーマル」をご紹介したときに、金欠中なので化粧品のコストダウンをして買ったとお伝えしましたが、クレアボーテのラブダーリンアイライナーブラウンはそのコストダウン化粧品の1つです。

もちろんこのクレアボーテラブダーリンアイライナーブラウンも@cosmeでの上位ランキングを理由に購入したもの。

へたれはアイライナーは10年以上リキッド派を通してきましたが、色はブラックオンリーでブラウンを使うのは初めてです。
......というより、ブラウンはパッチリ二重おめめの人が使うもんだと思っていたので、一重のへたれは一生縁がないものだと思ってました。
そんなへたれがブラウンを購入するきっかけとなったのは、単純にブラックが売り切れだった......それだけのお話です。


さてはて、クレアボーテのラブダーリンアイライナーブラウンの使い心地についてですが。

まず筆について。
筆はパッケージに書かれている通り0.1㎜の極細筆ということで描きやすいです。
10年もリキッドを使っているならそりゃ描き慣れてるでしょ!と思うかもしれませんが、へたれが使ってきたリキッドアイライナーの中でも描きやすさは上位なので、初心者の方でも簡単に失敗せず描くことができると思います。

そんで次がウォータープルーフについて。
ウォータープルーフについても問題なしです。汗や皮脂で時間が経つと滲んでしまうか心配だったんですが、心配損で夜までしっかり描いたままをキープ。

んで最後は発色。
こちらはちょっと納得いかず。線の上下の端の部分はちゃんと描けるんですが、真ん中までちゃんと発色しない場所がところどころに発生。

ラブダーリンアイライナーブラウンの画像
画像にするとこんな感じで真ん中の発色が先端に比べて薄いんです。

ちとわかりにくいかもしれませんが、インクが無くなり始めたマジックの太い方みたいで、まんべんなく発色しないんですよね。
他のアイライナーだと液を筆に浸み込ませるためのボタンを押して調節できるんですが、ラブダーリンアイライナーはそういうボタンがないので何度も重ね描きが必要です。

クレアボーテのラブダーリンアイライナーブラウンの感想としては、発色問題を入れても1,260円という安い価格に対し価格以上のいい働きをしているので、お金に余裕がないときは全然アリかと思います。
でもお金に余裕があるときは筆に浸み込ませるボタンがついてるアイライナーに戻るかもしれませんが......。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

About

当ブログでは購入した商品を忘れないよう備忘録としてご紹介しています
化粧品などの美容系については使い心地などの感想なども忘れないように追記していきたいと思っております
(へたれが忘れっぽいため/笑)
服などのファッション系についてもコーディネートの画像を載せれれば載せていきたいと思っております
(人様にお見せできる体型になればのお話ですが/笑)

プロフィール

北海道札幌市在住
まさにアラサー真っただ中の29歳
(2012年で三十路を迎えちゃいます)
付き合い7年で同棲中の彼氏はいますが独身です(笑)
無職(いわゆるニートですね/苦笑)なので生活は彼の収入+へたれのネット収入でなんとか生計をたてています

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 20120726.jpg
  • 20120723.jpg
  • 20120719.jpg
  • 201207012.jpg
  • 20120709.jpg
  • 20120705.jpg
  • 20120702.jpg
  • 20120628.jpg